Statement

「今」と同期する音楽メディア

何世紀も昔から楽譜に書き遺されてきた音に、命を吹き込むクラシック音楽。
そうして生まれた音楽は、決して過去の遺物ではありません。
なぜなら、私たちと同じ時代を生きる音楽家が演奏しているから。
そう、クラシック音楽は生きているのです。

一方で、今この瞬間にもクラシック音楽は生まれています。
時代の空気をリアルタイムで反映するコンテンポラリー・ミュージック。
いまやジャンルの境界は曖昧になり、あらゆる音楽が溶け合って、新たな潮流が生まれています。

言葉だけでは表現することのできない感覚を、表現者と受け手とが共有するのが、アートの楽しみのひとつ。
ときにその感覚は今を超えて、未来への予感をもはらんでいるでしょう。

ベートーヴェンの第九にも登場する「FREUDE(歓喜)」という言葉。
現在はまだ、はるか彼方に見える一点の光かもしれません。
けれど、いつか来たるべき祝祭への予感を胸に、さまざまな分野のアートと共振しながら、今に息づく音楽の鼓動をお伝えしていきたい。

そんな思いで、私たちはWEBメディアを立ち上げました。

2021年4月 FREUDE 編集部